スマホでGPSロガー

先日の富士ショートでハイカムの他に試したものがあります。

スマホのアプリなんですが、GPS Lapsというものです。

簡単に言えばラップ計測+簡易ロガー代わりですねw

操作も特に難しい事は無く
①アプリをDL
②GPS機能をON
③走行コース選択
④スタンバイ画面になるので、ログ記録開始ボタンを押して起動
⑤走行終了後に終了ボタンを押して記録





まず①はコレがないと始まりませんし、②も設定しないと使い物になりませんw
③は、リストに載っているコースを選択。
日本国内はもちろん、海外のコースも入っていますw
国内主要コースは
・エビス東、西
・富士本コース、ショート
・本庄
・Lido美浜
・中山
・日光
・岡山国際
・仙台ハイランド
・袖ヶ浦フォレスト
・スパ西
・鈴鹿国際
・鈴鹿東、南
・鈴鹿ツイン
・タカス
・筑波1000、2000
・YZ本コース、東
・オートポリス
・セントラル
・HSR九州 他


各コース、セクター設定済み。
海外だとニュルやセパン、シルバーストンとかありますが、まず使い事は無いかなw
個人的にはMLS入れて欲しかった(爆)

で、コースを選ぶとスタンバイ画面になります。
c0124021_2123910.jpg

大きい数字はラップタイム、小さい数字はベストタイムを表示。

ここで④を実行し、走った後は⑤で終了。

記録を録った後はすぐにデータを確認できる所が良い所です♪
走行履歴を選択するとこんな画面に
c0124021_2123534.jpg

記録した間のラップタイムとベストラップの差が見れます。
各セクタータイムは今の所見れません。バージョンアップで見れるようにして欲しいなぁ(願望)

ログ解析画面はこんな感じ
c0124021_21233148.jpg

その周の走行ライン(赤線)とベストライン(青線)が確認できます。
本格的なデータはさすがにありませんが、コレだけ見れれば十分かなw

測定精度の方は、設置箇所やスマホ本体の能力、OSバージョンにもよると思いますが悪くは無いと思います。
ちなみに今回使用したスマートフォンは
docomo Xperia acro SO-02C(Sony Ericsson)
OS:Android 2.3.3
設置場所:ダッシュボード中央


ポンダーと同じ位置に置ければ精度の正確性は増すと思いますが、そうもいきません(^^;
ただ、GPS機能を利用してリアルタイムでラップタイムが見れますんで、YZのような磁気センサーを採用していないサーキットでのタイム確認が出来るのはホームコースにしている人には大きい武器のではないかと思います。
そうでなくても、GPSデータロガーを持っていない人でAndroidユーザーの人には、最初の一歩としては良いのではないかと思います♪

iPhoneに同じアプリがあるかどうかは当方では確認できませんので、使ってみたいユーザーの方は各個人で確認していただければと。

最後にこのような便利なアプリを作成してくれた製作者様に感謝┏○
[PR]

by coicoi-zc31s | 2011-11-07 21:24 | Electric