ブレーキキャリパー交換

純正流用第3弾。
今回はちと長文です。

スイチャレ後のメンテナンスの一環でZ##2Sの4輪ディスクブレーキモデルのフロントキャリパー及びブレーキローターを取り付けました。

c0124021_226411.jpg


取り付けを思い立ったきっかけは、初めて72でサーキットを走った時。
ダメとは言わないけど、サーキット走行に関してはあまりにも頼りなくて・・・

31の時みたいに対向4ポッドキャリパーまでは今は必要としてないし、何よりお高いのが(^^;;
で、何か流用できないものかと色々悩み調べてると、ブレーキパッド注文の時に適合表が目に入りまして。
注文するにあたってはごく当たり前の行為ですが、一つ気になった点が・・・
XS、ZD72SとRS、XL、XGの適合が違うことに気が付きました。
と言うことはキャリパー形状も違う?ローターサイズも違う?
Dに品番を調べてみると、品番も別・・・ですが、サイズまでは明記はされていない・・・
こうなると現物を見てみたい!という衝動にかられ、恥ずかしながらその辺の駐車場に停まっている72をガン見してた時期もありました(恥)

うん、よく見るとキャリパー形状はガイドが付いててちょっと大きい。ローターもかなり大きい事を発見しました。

大きさの比較は

c0124021_2271119.jpg

キャリパー

c0124021_227284.jpg

ローター径

c0124021_2275359.jpg

ローター厚

c0124021_228174.jpg

パッド形状

が、RSのナックルでこのキャリパー及びローターがボルトオン出来るかどうかも分からなかったので、今回は新品ではなく中古を引っ張ってきました。

で、実際に取り付けてみたら・・・キャリパーもローターもすんなり付きましたw

スイチャレ後に取り付けたのは、このキャリパー用のパッドが準備できなかったことと、ブレーキバランスがどうなるか分からなかったので。
サーキット走行直前の仕様変更はあんまりやりたくないんですよね(^^;

取り付けにあたって、キャリパーはマットブラックに塗装。リヤドラムの色に合わせましたw
パッドは引っ張ってやつに付いてきた純正パッドを。

効能は純正パッドでの比較だと、少し楽に止まれるようになりました♪
今までAP1(社外パッド)だったので制動力は落ちますが、またこの辺は交換すればw
もちろん良いことだけではありません。
大きくなった分、バネ下重量も増加したんで、ハンドリングが少々ダルくなりました。
でも、慣れりゃこんなもんかとも思いますw

ただ、ブレーキマスターの品番も違ってたから、ココをどうするか・・・今のところリヤドラムとのバランスも悪くないし、スッポ抜けることも無さそうなんで、リヤをディスクにする時でもいいかなと(ぉ
ま、そこまでやるかは分かりませんが(爆)
とりあえず次の走行までには前後のパッドを変えたいですねw






ココからは私の勝手な妄想ですので、話半分に思っていただければ。

72のRS、XL、XGのパッドはZC#1Sと適合が一緒なんで、キャリパー形状も一緒。
形状が一緒ということは、ZC#1SにもXSのキャリパーがつくのでは?
XSのパッド適合は32も含まれるので、32もこのキャリパー形状だと思われる。
31に関しては、ローターを32用の5穴に変えればイケるのでは?

もし出来たら、割と安価でブレーキの容量アップが出来るんじゃないかと。
ただ、簡単につくなんて保証はどこにも無いし、ブレーキは重要保安部品なので、もしやるのであれば自己責任でお願いします。
[PR]

by coicoi-zc31s | 2012-07-24 22:09 | Braking