純正に戻してみて その1

ブレーキシステムをwilwood→純正に戻して思ったことを箇条書きに書き留めてみる

・ローター径、パッドの当たり面積が小さくなったので、同じ踏力でも制動距離はやはり伸びる。

純正パッドにしたので当たり前と言ったら当たり前ではあるが(爆)

・ZC31S純正特有であったフロント寄りの制動力(通称:カックンブレーキ)は全く見られない。

これは、リヤはそのままにしてるから効きのバランスが取れているのではないのかと。
ということは、純正は「フロントが効き過ぎる」では無く「リヤが全然効かない」と言う事?
先日試乗した新型スポも、先代よりは少しはマシにはなってはいるがやはりフロント寄りの効き傾向が見られたので、とりあえずリヤ寄りのセッティングが吉なのかな?

ま、これは好みがありますので何とも言えませんが(個人的には前後バランスは5:5~6:4ぐらいが好み)

そしてピロアッパー→純正にしてみて

・普通に曲がってもヨレが分かる
純正ゴムがどれだけよれているか、ピロアッパーがどれだけカッチリ支えているのかよく分かりました(^^;

今後も戻してみて分かった点があれば書き留めて行こうかと思います。
[PR]

by coicoi-zc31s | 2012-02-21 21:39 | Maintenance